FC2ブログ

黒い猫のこと

先日、近所の家の前で、黒い猫が倒れているのを見つけました。

そばへ行ってみると、車にひかれたようで、口や鼻から血が出ていました。

ちょうどその時、その家のおじさんが出てきたので、「お宅の猫ですか?」と聞きました。

おじさんは「うちは飼ってない。これは死んでるね、保健所に連絡しないと」と。

そこは道路の真ん中だったので、そのままだとまたひかれてしまいそうだから
まず道端に移動させてタオルをかけました。

黒猫はぐにゃっと力なく瞳孔も開いていて、とらじの最期を抱いたときのような感覚が蘇ってきて
頭が混乱してしまいました。


真っ黒のきれいな毛並みの子で、首輪はしていなかったけど
どこかで飼われている猫のような気がしたので
「近所で飼われている子かもしれないので、ちょっと飼い主さんを探してきます」と、おじさんに言い
心当たりもないのに、何件かのお宅へ聞きに行きました。

あるお宅で、「〇〇さんのところにそんな猫いたよ」と教えてもらい
行ってみたけれど、違いました。

諦めかけた時、以前、近くの工場で黒い猫がチョロチョロ歩いていたのを思い出し
行ってみました。

すると、「黒い猫は確かに飼っている。でも今、留守番が誰もいなくて見に行けない」と。

なので、猫がいる場所を伝えて帰宅しました。

しばらくすると一人の女性が来ました。

横たわった猫をなでながら
「うちには5匹いて、みんな黒くて特徴がなくて、うちの子かどうかわからないのよ。
ちょうどこのくらいの子もいてね、その子は首輪が嫌いな子だったから。
うちの子かもしれない。連れて帰るわ。
もしうちの子じゃなくても、ちゃんと供養してあげるから。」と引き取って行かれました。



あれからもう何日も経つけれど、その黒猫のことが頭から離れない。
私はその子に何もできなかった。
最初に見つけた時、もしかしたらまだ息があって、すぐ病院へ連れていけば助かったんじゃないか、とか
飼い主さんが来るまで、その子のそばについていてあげればよかったかな、とか
もしかして、その女性の猫じゃなかったとしたら、私は余計なことをしてしまった、とか
コロナの流行しているこの時期、訪問されるのは嫌だろうときに
後先考えずにいろんなお宅に聞いて回ってしまったこととか
いろんなことを考えてしまって後悔ばかり。


それから、とらじの時のことも思い出してしまった。

なな15歳

今日は ななの誕生日。

生きていれば15歳。

おめでとう。

21_0122.jpg

冬です

冷蔵庫&食器棚の上にある、猫のベッド。

ここへは、とらじは自力では登れなかったけど、まろんはヒョイヒョイッと跳び乗る。
年々登り方にキレがなくなってることはナイショで…。


201201_1
「そのカメラ、久しぶりだね」 
        
そういえば、最近あんまり写真撮ってなかったね。


201201_2
シュタッ!!


201201_3
しっぽブンブン!


201201_4
クルクルっと回転して…


201201_5
「きれいに撮れたの?」

いやぁ、久しぶりだからボケボケで…。って、久しぶりじゃなくても、ですね…。
                  


まろんがココに入ると、冬です。

ひとりっ子歴

我が家の最初の猫・とらじは
ななが来るまでの約一年、ひとりっ子だった。

そこにまろんが加わり、3にゃんのドタバタ生活を経て
なな、とらじの順に旅立った。

だから、ななにはひとりっ子の期間はない。

そして気がついたら、まろんが一番長いひとりっ子歴になっていた。

まろんのひとりっ子歴は、これからもまだまだ続くよ~!


最近よく膝に乗ってくるようになったまろん。

わがままで気が強いけど、神経質で甘えっ子です。

201118


~☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆~


とらじのこと、自分ではもう大丈夫だと思ったけど
それは多分、深く考えないようにしてごまかしていただけで
写真を見たり、この間のように置き土産を見つけたり
とらじのことを考え出すと
動悸がして耳がキーンと鳴って、手がしびれたような感覚になる。

これはまだ完全にロス状態だなぁ。
まぁ、ゆっくりと…。
お腹の不調が続いていたまろん、これで一応落ち着いたのかなと思う。

201021_1
「もう、みんな騒ぎ過ぎなんだから」    一番騒いだのはまろんだよ…。

それにしても、猫の便秘でこんなに悩むとは思わんかった…。


病院へ行ったついでに、年に一度の健診も。

心雑音、呼吸音、血色は異常なし
でも歯石あり、歯面の2/3以上に付着
中程度の歯周炎+歯肉の退縮25%以上~50%未満
(去年の健診で右上の歯にちょっと黒い歯石あり、と言われていたところから出血していた)

血液検査の結果は、ちょっと膵臓の数値が悪いけど大きな異常はなし。
膵炎やってるからね。


それから、採血したついでに(ついでばっかり…)ワクチンの抗体価検査もしてもらったところ
まだ十分残っているので今すぐワクチンを打つ必要はない、とのこと。

来年の夏以降にもう一度抗体価検査するか、それとも打っちゃうか。

まぁ、またその頃考えよう。



~☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆:*:☆~



まろんも落ち着いたことだし、ずっと後回しにしていた掃除をしようと
納戸のドアを開けた。

すると、アルミホイルのボールが2つ出てきた。

とらじがよく遊んでいたもの。

手でチョイチョイしながら走り回って、どこかへなくして戻ってくるから
「どこに置いてきたの~?」なんて言ってたけど
ドアの下の隙間から、ここへ入ってたんだ。

そう思ったらいろいろ思い出して、掃除できずにドアを閉めた。
2年近くも納戸を開けてなかったの?なんてことは置いといてね…(苦笑)


201021_2
「置き土産だよ~ん。でも見つけるの遅すぎ!」って言ってるような顔に見えたので、ボケボケ写真だけど使いました。